自殺は絶対にダメ

自殺は絶対にダメ

自殺は絶対にダメです!

絶対にしてはいけない自殺

自殺は、自分で自分の命を絶つ哀しい行為です。1998年のバブル崩壊以降、自殺者数は年々増加しており、2010年現在は、12年連続で年間に3万人の自殺者がいます。自殺が最も多い世代は、50代と言われ40~60代の男性が半数以上を占めています。

女性よりも、男性の方が自殺率が高い事は、どの世代でも共通して言える事で、20~30代の死因で最も多いのは自殺である事が分かっています。

1年の間に自殺者数が3万もいるという事は、1日に100人近くの人が自殺しているという事になります。日本は、世界的に見ても自殺率が非常に高く、アメリカと比べると2倍近い自殺率で、先進国では最も自殺率が高いという哀しい事実があります。

犯罪の多いアメリカでは、何らかの事件で命を落とす人の数は高いです。日本は事件で人が命を落とす事は少ないですが、自ら命を絶ってしまう人が多いです。

1998年以降に、日本の自殺率が高くなっている原因は、バブル崩壊による不況が原因と言われています。不況によって就職難であったり、リストラや倒産が相次いでいる事が原因と考えられています。しかし、不況なのは世界的に言える事で、日本では一度の失敗が許されないような社会背景や、切腹の文化などから一種の責任の取り方であるという意識が問題であるとも考えられます。

自殺は突発的な事が多く、防ぐ事が難しいと考えている人もいますが、自殺は予防する事の出来るものです。自殺の予防には、周囲のサポートや協力が必要であり、積極的に相談にのったり、死んでほしく無いという事を訴える事が大切です。自殺を考えている人は、悩んだ末に解決方法が自殺しかないと思い込んでいます。

実際に、自殺以外に解決策のない問題などありません。周囲の人に話す事で、解決する問題もありますし、直接的な解決にはならなくても、話す事で心の負担が軽減します。みんなで協力し、助け合う事が自殺を未然に防ぐ事に繋がります。

自殺対策のための統計
自殺防止効果のある栄養
自殺防止対策
鬱病について
死にたいと言われた時
自殺の危険性がある人
Copyright (C) 自殺は絶対にダメ! All Rights Reserved